即日で生活費の確保が可能

即日で生活費の確保が可能

学生アルバイトの身でありながら、ゲームセンターや飲み屋などを巡る癖がなかなか治りませんでした。カードローンに申し込むことを決めたのは、給料日まで2週間待たなければならなかったときです。友達との付き合いや雑費を考えると、財布の中にある1万円では足りないと気づくのに時間がかかりました。

 

お金を借りたいと前々から気になっていた、アルバイトでも審査が通る可能性のあるカードローン会社をインターネットで検索し、申し込みました。カードローン会社に対応する預金口座を持っていたため、電話や郵便物なしにインターネットで申し込みが全部済むというのは楽でした。下手に周りに知られる心配がありません。

 

必要な書類の提示は、スマートフォンで撮影したデータを送るという方法です。手続きに不備が発生するのではないかと不安になりましたが、杞憂でした。祈る思いで結果を待っていた審査は通過したとの連絡が入った当日、申し込んだ額を銀行のATMで出金すると充足感が湧き出てきました。ひとまずカードローンに通ったことで、お金が足りなくなるという危機から脱することができました。

 

使い道が自由なカードローンですが、資金使途を尋ねられたときにギャンブルや株と答えるのはご法度です。職業や年収などを含めて判断されるとはいえ、審査の際に悪影響が出てしまいます。嘘を吐かなければ問題にはならず、ギャンブルの別の言い方としては娯楽やレジャー、交際費が挙げられます。急な出費の中でも冠婚葬祭が特に好印象になりますが、資金使途は無理をして偽らないようにしましょう。

 

他には生活費や入院費、趣味といった答え方があります。カードローンを申し込む際、銀行によっては見積書や請求書など、資金使途に関する書類の提出が必要となる場合があります。実際のお金の使い道と申し出た資金使途が異なっていれば、違反行為と見なされる可能性があります。カードローンの審査に関わった保証会社の保証を受けられなくなると判断されると、銀行から一括返済を要求されます。

 

借入 比較