笑顔のゲンキ

学生アルバイトの身でありながら、ゲームセンターや飲み屋などを巡る癖がなかなか治りませんでした。カードローンに申し込むことを決めたのは、給料日まで2週間待たなければならなかったときです。友達との付き合いや雑費を考えると、財布の中にある1万円では足りないと気づくのに時間がかかりました。お金を借りたいと前々から気になっていた、アルバイトでも審査が通る可能性のあるカードローン会社をインターネットで検索し、申し込みました。カードローン会社に対応する預金口座を持っていたため、電話や郵便物なしにインターネットで申し込みが全部済むというのは楽でした。下手に周りに知られる心配がありません。必要な書類の提示は、ス...
母が角化症で悩んでいた。「なんだか痛い」というので見てみると、足の裏の角化が進みすぎてタコのようになっている。そこを地面につけると痛いらしい。「スピール軟膏やってみる?」ときいてみたけど、「怖いから嫌だ」という。なぜもっと早くケアしておかなかったのか…。もともと母の足裏は固かった。よく歩くせいか、皮膚が硬化して分厚い。「木酢液とかでケアしたほうがいいよ」と勧めたこともあるけど、あまり乗り気でなかった。足裏はきれいに洗っていても、どうしても角質が固くなっていくもの。だから定期的にヤスリなんかで削って、つるつるにしておかないといけない。水虫にもなりやすいしニオイも発生しやすい。サンダルなどを履くと...
金融機関でお金を借りた際、利息というものがつきます。利息とは借り入れしたお金に対し、一定の利率で支払う対価のことで、借り入れをした際は借りた元金だけでなく利息も支払うのが義務となっています。しかし、一部の消費者金融や銀行では初めて利用するお客に限り、借り入れを開始した最初の数日間は無利息のサービスを行っているところもあります。今回は無利息サービスを利用したときの体験談を紹介します。初めて消費者金融でお金を借りようと決めたとき、利息がかからない会社もあるという情報を知りました。そして、独自に調べた結果、初めての利用でお得だと思ったのは銀行系のカードローンです。このカードローンが通常設定している金...
私は、現在25歳独身のサラリーマンです。最近自分が生きる意味が分からなくなってきました。毎日の満員電車に揺られながらの通勤と朝起きて夜帰って寝る繰り返しの日々に気持ちが続かなくなってきました。最近は日曜日の夜が億劫でなりません。仕事も内勤の仕事で毎日同じ席でデスクワークで変化のない日常を過ごしています。今の仕事は果たして自分に適性がある仕事なのかも分からず時間が過ぎていく毎日です。働くからには自分がもっと誰かのためになって社会の貢献ができる仕事がいいなと内心では思っていてもなかなか前に一歩踏み出すことが出来ずにもどかしさを抱えています。自分のこれからのキャリアを考えるとますます先が分からずにど...