民事再生の特徴を知る

民事再生の特徴を知る

民事再生の特徴を知る

借金の返済が厳しくなると債務整理で解決することも検討していきたいですが、借金をすべて無くすのであれば自己破産が選ばれます。

 

自己破産が認められると全ての借金の返済が免除されますが、メリットばかりではないということは理解しておきましょう。
借金を免除してもらう代わりに価値のある財産は手放す必要がありますので、マイホームを持っている人はそれを失うこととなります。

 

家を失うことは精神的にもダメージが大きいですし、今後の生活も大きく変化することとなりますので、できることなら手放すことは避けたいところです。

 

家を手放さずに借金を大幅に軽減するのであれば民事再生も考えていきましょう。
民事再生ではすべての借金がなくなるわけではありませんが、そのかわり高額な財産を手放す必要もありません。

 

さらに自己破産では職業や資格の制限がありますが民事再生ではそのようなこともありませんので、仕事もこれまでと同じように続けていくことが可能です。

 

どれぐらいの借金を軽減できるのかも知っておきたいですが、借金は5分の1程度となるとされています。
個人民事再生を利用するにも条件があり、住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下であること、継続して安定した収入があることもあげられます。

 

他の借金は大きく軽減されることとなりますが、住宅ローンは軽減がありませんのでこれまでと同じように支払っていくこととは理解しておきましょう。

 

債務整理をすると、その情報は信用情報機関に登録されることとなりますので、今後しばらくは新たに借り入れをすることは難しくなります。
ギャンブルなどの借金は自己破産では適用できないこともありますが、民事再生の場合は借金の原因については法律上の制限はありません。

ホーム サイトマップ