任意売却にならないために

任意売却にならないために

任意売却にならないために

任意売却は住宅ローンの借入金が返済できなくなった時に、売却後も住宅ローンが残って仕舞う不動産を金融機関の合意を得た上で売却することです。ローン返済を滞納すると債務者はローン分割返済の権利を失い、購入資金を貸した金融機関は残りのローンを全額一括で返済することを要求してきます。この残債務を返済できない場合、金融機関は担保となっている不動産の自宅を強制的に売却し、その売却代金から資金を回収仕様とします。これが競売です。

 

任意売却は任意ともいわれ、裁判所が強制的にオークションに掛けて売却する競売との違いは、一般的な不動産売買と同じ方法でなされることです。競売のように裁判所によって公示されてしまうことなく、不動産会社によって売却されることで売主の経済状態を知られることなく、売却時にも買い叩かれることなく市場相場に近い値段で販売することが可能となります。競売では市場価格よりも安く売られることが多く、幾らで売れるのか不安材料となってしまいます。

 

任意売却を成功させるためには金融機関に抵当権の抹消を行ってもらう必要があります。それに任意売却をする販売者も、この売却方法について認識力や経験が非常に重要となります。債権者である金融機関が協力してくれなかったり、販売者が知識不足であると売れずに競売となってしまう可能性が高くなります。競売となった場合は不動産を見ることなく購入するので、おのずと安価になるのです。これでは債務者にとっても利益はないので、返済が難しくなった時には躊躇わずに任意売却をする解決方法を選びましょう。

 

任意売却でデメリットとなりえることは、引越し期間が短くなることかもしれません。あくまでも平均ですが、3ヶ月から6ヶ月で引越しをする必要があります。

ホーム サイトマップ