任意売却にはどのような特徴があるか

任意売却にはどのような特徴があるか

任意売却にはどのような特徴があるか

任意売却は住宅ローンの返済が困難であり、売却してもローンを完済できる見込みがないときに利用する方法です。例えば完済できる現金は持っていなくてもローンの残りも少なく、引越しのために売却したい、という場合は問題がありません。しかし、支払えない状況であれば債権者に許諾してもらう必要があります。支払いの遅延が続いていると競売にかけられてしまい、相場よりも安く買われてしまいますが、任意売却で自分で手続きを進めて行けば相場と同じ金額で売却でき、残債を減らせるメリットがあります。

 

任意売却を行うときは不動産会社選びが重要です。通常の売買とは異なり、債権者との交渉や専門的な知識が求められるため、一般的な不動産会社に依頼するとそのまま進展せずに競売にかけられてしまうケースもあります。弁護士などの専門家がいたり、実績が豊富であることを確認しましょう。

 

任意売却を行えるタイミングは支払いの滞納が3か月から6か月続き、分割で返済する権利を失ったときですが、相談はそれよりも前から行えます。売却の見込み額とローンに大きな差があると交渉が難航して時間がかかるため、早めに相談する必要があります。

 

任意売却をしても今の住宅に住み続けられることも特徴です。支援者が見つからずに失敗する場合もありますが、住宅を買取ってもらい、賃貸契約を結んで住む形になり、お金が貯まれば買い戻しもできます。

 

任意売却をすると信用情報に傷が付くデメリットがありますが、これは気にしなくて良いでしょう。個人信用情報機関の記録が消えるまでクレジットカードやローンを利用できなくなりますが、返済不能になった時点でこれは避けられず、他の債務整理で対処しても同様です。

ホーム サイトマップ